税金使い道 イカがなもの 巨大イカの像 地元で物議


光沢のある表面に、白と黒の得体のしれないものが飛び出している、謎の物体。

正体は、イカのモニュメント。

石川・能登町にある「道の駅」ならぬ「イカの駅」に設置されている。

長さ13メートル・幅9メートル・高さ4メートルという、巨大なスルメイカ。

しかし、訪れた人の口からは、「国の財産が、ちょっといかがなものかなと。イカがなものかな」といった声が聞かれた。

この巨大イカ、地元で物議を呼んでいる。

このイカのモニュメント、町が設置したもので、総工費は2,700万円。

そのうち2,500万円が、新型コロナウイルス対策のための地方創生臨時交付金から充てられていた。

訪れた人「コロナのために、なんでイカを置くのか」

反対意見ばかりではない。

地元の鮮魚店店主「これはこれで、1つの売りだから、せっかくできたイカの駅の売りだから...」

イカの駅を訪れた人の中にも...

訪れた人「それで人が来るならいい」

賛否両論の巨大イカ。
背景には、地元が抱える思うように、イカない事情があった。

能登町は最近、外国船籍の影響などで、水揚げ量が減少。
さらに、コロナの影響で観光客が激減していた。

そこで、特産品であるスルメイカをPRしようと、巨大イカを設置した。

能登町の担当者「国から地域の魅力上げ事業として交付金を設定する方針があった。インパクトのあるものを作って、産業振興の起爆剤にできないかと思った。(イカしてますか?)イカしてると本当に思っています」

臨時交付金の使い道は、自治体の自由。
本当にコロナで振興策になったかどうか、これから試されることになる。

(FNNプライムオンライン5月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース