GW 3日間で人出減少傾向 横浜などは2020年の3倍超に...


5連休の最初の3日間で、大阪や東京の繁華街の人出に減少傾向が見られた。

NTTドコモが推計したデータによると、3日午後3時時点の大阪・梅田の人出は、2020年5月の休日の平均に比べて、15.5%増加した。

しかし、1日から33ポイント、2日から9ポイント増加幅が縮小し、減少傾向がうかがえ、難波でも同じ傾向が見られた。

また、東京でも渋谷センター街や新宿駅の3日の人出は、2020年5月より8割以上の増加となっているが、1日からの3日間で徐々に減少していた。

一方で、神奈川の横浜駅やみなとみらいでは、2020年5月に比べ、3倍以上の人出が続いている。

(FNNプライムオンライン5月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース