大阪府 医療危機 和歌山県が「DMAT」派遣


医療体制が危機的な状況にある大阪府からの要請を受け、和歌山県は、災害派遣医療チーム「DMAT」を派遣した。

和歌山ろうさい病院・南條輝志男病院長「和歌山ろうさい病院のDMAT隊員として、誇りを持って頑張ってきてください」

4日午前10時すぎ、和歌山ろうさい病院の救急科の医師が、大阪府に向けて出発した。

大阪府では、新型コロナウイルスの患者の入院先が決まらず、救急車の中で長時間の待機を余儀なくされる事態が相次いでいて、大阪府は、患者を一時的に処置する待機ステーションを設置している。

大阪府から要請を受けた和歌山県は、県内4つの病院から、DMATの医師あわせて6人を待機ステーションに派遣することを決めた。

医師は、患者の経過観察のほか、容体が急変したときの連絡の調整を行うという。

和歌山ろうさい病院・岩崎安博救急科部長「(大阪は)かなりひどい災害の状況である。医療にとっては疲弊している状況ですので、和歌山も、もちろんコロナの対応をしているが、隣県として、なんとか支援できないかと感じた」

大阪府への医師の派遣は、5月10日までを予定している。

(FNNプライムオンライン5月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース