東・西日本で夏日の予想 熱中症に注意 あすは滝のような雨も


4日は、上空の暖かい空気と強い日差しの影響で、西日本や東日本を中心に暑くなり、各地で夏日が予想される。

東京・皇居では、タンクトップ姿で走る人の姿が見られた。

午前11時までの最高気温は、東京都心で22.7度まで上がっていて、すでに平年を上回る陽気となっている。

皇居周辺では「天気もよくなってきたんで、より暑くなりました」、「半袖着てくればよかった」などの声が聞かれた。

山梨・甲府市では、4日朝は最低気温が7.1度だったが、この時間は20.1度まで上がっている。

午後は、さらに気温が上がり、予想最高気温27度と、寒暖差が20度ほどになるとみられる。

また、兵庫・豊岡市で29度と真夏日に迫る暑さとなるほか、東京都心や福岡・久留米市などで25度と、西日本や東日本を中心に、200地点ほどで夏日となる見込み。

一方、5日は、西日本で滝のような雨になる予想。

関東でも、夕方から雨脚が強まるとみられる。

(FNNプライムオンライン5月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース