「紀州のドン・ファン」殺害事件 元妻“覚醒剤”検索履歴を消去


「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家男性殺害事件で、元妻が覚醒剤に関する検索履歴を消していたことがわかった。

須藤早貴容疑者(25)は3年前、和歌山県の自宅で、夫だった資産家の野崎幸助さん(当時77)に、覚醒剤を口から摂取させて殺害した疑いが持たれている。

捜査関係者によると、須藤容疑者は、密売人から覚醒剤を入手したとみられている。

須藤容疑者は、スマートフォンで「覚醒剤」や「殺害方法」などについて検索していて、検索履歴を一部消去していたという。

(FNNプライムオンライン5月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース