高速道路で車炎上 キャンプ用トレーラーけん引


立ち込める煙の先にあるのは、炎に包まれた車。

北海道・苫小牧市の高速道路で、4日午前11時40分ごろ、「エンジンからボンと音がして火が出た」と、110番通報があった。

警察によると、火が出たのは、キャンピング用のトレーラーと、それをけん引していた乗用車で、火は、およそ1時間半後に消し止められ、車に乗っていた男性2人は避難し、けがはなかった。

(FNNプライムオンライン5月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース