関東から九州 猛烈な暑さ 16県に熱中症警戒アラート


8月も終わりに近づく中、強い日差しと上空の暖気の影響で、関東から九州を中心に猛烈な暑さが予想され、16の県に熱中症警戒アラートが出されている。

午前10時過ぎ、山梨・甲府市では陽炎が立ち上っていた。

30日は各地で朝から暑くなり、午前11時までの最高気温は、静岡・浜松市天竜区で34.2度、甲府市で32.4度などとなっている。

午後はさらに暑くなり、予想最高気温は、甲府市や岐阜市などで36度、愛知・名古屋市や京都市などで35度と、関東から九州を中心に猛暑日になるところがあり、16の県に熱中症警戒アラートが出されている。

一方、夕方以降は、関東北部を中心に大気の状態が非常に不安定になる。

急な大雨による道路の冠水や、落雷による停電などに十分な注意が必要。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース