“硫酸”男 先月最寄り駅確認か 「おい花森」「花森さんだろ」大学時代呼び捨てで注意


東京・港区の地下鉄「白金高輪駅」で、25歳の男が大学の後輩の男性に、硫酸をかけて重傷を負わせた疑いで逮捕された事件で、2人が、7月に路上で遭遇したあと、男が後輩男性の自宅近くまでついてきたことが新たにわかった。

最寄り駅を確認した可能性があるという。

30日朝に送検された花森弘卓容疑者(25)は、8月24日、白金高輪駅で、大学後輩の男性(22)の顔面に硫酸をかけ、重傷を負わせた疑いが持たれている。

男性は警視庁に対し、7月下旬に仕事帰りで六本木を歩いていたところ、大学先輩の花森容疑者に遭遇し、一緒に白金高輪駅まで移動し、駅近くの公園で立ち話をした際、花森容疑者に「(大学時代)態度が悪かった」などと言われたと説明しているという。

また男性は、大学時代に、花森容疑者を「おい花森」と呼んだ際、「花森さんだろ」と注意されたことがあるなどと話しているという。

警視庁は、花森容疑者が、男性に一方的に恨みを持ち、最寄り駅を確認したうえで、計画的に犯行に及んだ可能性があるとみて調べている。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース