ハリケーン上陸 停電・高潮被害 米南部で

国際・海外


アメリカ南部に29日、大型のハリケーン「アイダ」が上陸し、大規模な停電や高潮が発生するなど被害が出ている。

強風でめくれ上がって吹き飛ばされる屋根。
電線を巻き込むほどの勢い。

ハリケーン「アイダ」は、風速およそ67メートルと、5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」でルイジアナ州に上陸し、住宅の損壊や高潮のほか、大規模な停電などの被害が出ている。

ルイジアナ州では、16年前のハリケーン「カトリーナ」で多くの死者を出したため、今回は広く避難が呼びかけられ、石油精製施設も操業を一時停止している。

これらの影響で、原油の先物取引が1週間でおよそ10%値を上げているなど、被害の広がりが懸念されている。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース