“ワクチン抽選券”も長蛇の列 ネット予約も殺到 つながらず...


東京・渋谷区に開設された、若者向けの新型コロナウイルスのワクチン接種会場。

予約なしで受けられるとあって、開設当日の27日は、早朝から長蛇の列が。

そのため、28日から抽選に切り替えられたが、今度は、抽選券を求めて大行列ができた。

しかし、30日は一転。
休館日で接種が行われていないため、会場前は閑散。

それでも、会場前には、次から次へと知らずに訪れる若者が。
休館日を伝える貼り紙を見て、引き返す姿が見られた。

訪れた人「日程をちゃんとホームページ上で見ないで来てしまって残念でした」

その中には、在住外国人の姿も。

在住外国人「ワクチン打ちたいです。あした来ます」

こうした中、東京都は30日から、3カ所のワクチン会場での接種対象を拡大し、インターネットで予約受付を始めた。

対象は、渋谷と同じく、都内在住か在勤・在学の16歳から39歳の若者たち。

受付開始の午前10時、予約サイトにアクセスしてみると、「案内ページの待ち時間は1日以上」と表示されていた。

その後も、待ち時間の表示が数時間待ちの状態が続き、予約サイトにつながらない状態も起きた。

渋谷でできた行列。
そして、予約サイトへのアクセス殺到は、いち早くワクチン接種を求める多くの若者たちの焦りを反映したものと思われる。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース