河村たかし市長の特別秘書がコロナ感染 市長はPCR検査陰性まで自宅待機


愛知・名古屋市の河村たかし市長の特別秘書が、新型コロナウイルスに感染した。

新型コロナに感染したのは、田中克和特別秘書(37)で、関係者によると、田中秘書は、会食をした親族に感染が確認されたことから、その濃厚接触者として、29日に医療機関の検査を受け、感染が判明した。

河村市長は、濃厚接触者にはあたらないということだが、PCR検査で陰性が確認できるまで、自宅待機をしていて、30日の定例会見は、代わりに副市長が対応した。

河村市長の検査は、31日か9月1日に行われる予定だという。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース