25歳“硫酸男”なぜサークル後輩襲った? 「花森さんだろ」呼び捨て注意


東京・港区の地下鉄白金高輪駅で、男性が硫酸をかけられ重傷を負った事件。
容疑者の男が送検された。

花森弘卓容疑者(25)は、琉球大学での後輩の男性(22)の顔面に硫酸をかけ重傷を負わせた疑いで、30日朝、送検された。

犯行の際に負ったとみられるやけどが左まぶたに見られ、両手には包帯が巻かれていた。

花森容疑者は、なぜこのような危険な犯行に及んだのか?

被害者の男性は7月下旬、仕事帰りに六本木を歩いていたところ花森容疑者と遭遇。
花森容疑者は、タクシーで一緒に白金高輪駅まで男性に付いて行き、駅近くの公園で立ち話をしたという。

その際、男性は花森容疑者から「『(大学時代)態度が悪かった』と言われた」と説明している。

大学時代の花森容疑者の知人は、その人柄について「あんまり自分のことを出したがらない、ミステリアスなタイプだったので、全く学科で友達みたいなのはなかった」と話した。

そんな花森容疑者は以前、被害男性と同じ琉球大学で、映画研究会のサークルに所属。

サークルでは同期だったが、花森容疑者は男性より年齢が2つ上で、学年は1つ上という“先輩と後輩”の関係。

男性は大学時代に「おい、花森」と呼ぶと「花森さんだろ」と注意されたことがあるなどと話している。

後輩からの呼び捨てが、犯行のきっかけの一つになったのだろうか。

大学生(男性)「僕自身が留年してるので。相手からしたら、留年してるってことがわからない。その時にタメ口で話されるとイラッとすることもあります」

大学生(女性)「いじられキャラの人が、下の学年の人からバカにされてることはたまにあります」

大学生(男性)「口で文句を言うのは良いと思うんですけど、硫酸をかけたり暴力をふるったりするのは、ちょっと違うんじゃないのかなと思います」

後輩からの呼び捨てに対する不快感の一方で、危険な犯行のきっかけとしては、違和感を抱く人も...。

8月24日、男性と同じ電車に乗り、午後9時ごろ、白金高輪駅で硫酸をかけた花森容疑者。
そして犯行後は、その日のうちに品川駅から静岡市内の自宅へ帰宅している。

その後、中部国際空港から沖縄へ渡り、バイトを通じて知り合った友人宅に身を寄せていた。

花森容疑者は調べに対し、「今は話したくありません」と語っていて、警視庁は花森容疑者が男性に一方的に恨みを持ち、計画的に犯行に及んだ可能性があるとみて調べている。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース