「ノウハウそのまま」が“売り” 「丸亀製麺」そっくり店登場 韓国で撤退後の店舗使用

国際・海外


8月、韓国から撤退した丸亀製麺。

その店舗と同じ場所で、そっくりのうどん店が営業している。

あきれたコピー営業に、丸亀製麺側も困惑している。

韓国ソウル市の繁華街、明洞(ミョンドン)。
昼時には、最近オープンした、あるうどん店に行列ができていた。

見覚えがある看板を掲げた、うどん店。

実はこの場所には、少し前までは、日本の大手うどんチェーン「丸亀製麺」の店があった。

その跡地で営業する店は、「自家製麺 丸」と名前こそ変えているが、外観や内装は本物そっくりのコピー営業をしていた。

韓国の利用者「ざるうどんとめんたい混ぜうどんを食べました。きょうも相変わらずおいしかった」、「食べる側としては、店が変わっても関係ない。味が似ていれば食べます」

丸亀製麺は、2012年に韓国に進出。

コシのある麺が評判を呼び、多いときには、ソウル市などに12店舗を展開した。

しかし、新型コロナウイルスの影響などで売り上げが低迷し、8月15日に韓国から撤退した。

同じソウル市内にあった韓国1号店も、あの「自家製麺 丸」に変わっていた。

丸亀製麺を展開するトリドールホールディングスは、消費者が誤解する可能性があるとして、改善を要求したという。

これを受けて、「自家製麺 丸」は、そのまま使っていた、のれんやメニューボードなどを撤去。

しかし、新しくできた店の入り口付近には、丸亀製麺の事業をまるで受け継いだかのようにも思える張り紙が掲げられていた。

「自家製麺 丸」の張り紙「日本正統の讃岐うどんのノウハウをそのままに、変わりない味とより良いサービスでお客さまの愛に報います」

「自家製麺 丸」の責任者は、FNNの取材に対し、「丸亀製麺を参考にしたが、コピー営業しているわけではない。丸亀製麺に被害が出ないように、今後も努力していく」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース