【速報】カラースモーク 車に付着か ブルーインパルス“低高度”で使用


自衛隊のブルーインパルスが、適正でない高度でカラースモークを使用したことがわかった。

航空自衛隊によると、パラリンピック開幕に合わせ、24日にブルーインパルスが展示飛行した際、埼玉県の入間基地周辺で、適正とされている高度よりも低い高度でカラースモークを使用していた。

基地の外の車両にスモークと思われる物質が付着しているとの問い合わせが複数あったという。

人体や環境などへの影響については問題ないレベルとしている。

(FNNプライムオンライン8月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース