アフガニスタン情勢 駐留アメリカ軍 撤退完了と発表

国際・海外


アフガニスタンからアメリカ軍の撤退期限が24時間以内と迫る中、アメリカ国防総省が緊急会見を開き、アメリカ軍の撤退が完了したと発表した。

アメリカのマッケンジー中央軍司令官は、日本時間31日午前、アメリカ軍の兵士と民間人を乗せた最終便がカブールの空港を飛び立ち、アメリカ軍のアフガニスタンからの撤退を完了したと発表した。

マッケンジー司令官は、これまでにアメリカ軍は12万人以上の民間人を退避させたと述べている。

アメリカメディアは、まだ退避を希望するアメリカ人250人ほどがアフガンに残されていると報じていて、現地では依然、緊張した状態が続いている。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース