「女子高生を殺した」死体遺棄容疑で20代妻逮捕 夫も逮捕へ


3日前から行方不明になっていた都内に住む女子高生が遺体で見つかり、警視庁は、群馬県に住む20代夫婦の妻を死体遺棄の疑いで逮捕し、まもなく夫も逮捕する方針。

捜査本部のある向島警察署から、フジテレビ社会部・石竹爽馬記者が中継でお伝えする。

夫の身柄は、31日午前11時20分ごろ、向島警察署に到着し、警視庁は、夫についても逮捕することにしている。

死体遺棄の疑いが持たれているのは、群馬・渋川市に住む20代夫婦。

夫婦は、東京・墨田区に住む高校3年の鷲野花夏さん(18)の遺体を、山梨県内の山林の物置小屋に遺棄した疑いが持たれていて、警視庁は31日午前、妻を逮捕し、まもなく夫も逮捕する方針。

鷲野さんは、8月28日の午後3時半ごろ、母親に「友人に会いに行く。すぐ戻る」などと言って家を出たあと、連絡が取れなくなり、家族が110番通報していた。

行方不明になった当日に、自宅近くの駐車場で鷲野さんが車に乗り込む様子が防犯カメラに映っていたことから、警視庁が、この車を探していたところ、30日午後7時半ごろ、長野県内で車を発見。

職務質問をしたところ、鷲野さんの遺体を山梨県で捨てたと話したという。

鷲野さんの遺体は、31日午前2時ごろ、山梨県の山林の物置小屋から見つかり、胸のあたりから出血していた。

夫婦は、「女子高生を殺した」などと殺害についても、関与をほのめかしているという。

警視庁は、女子高生と夫婦の関係などについても調べを進めている。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース