来年度予算の概算要求 過去最大110兆円規模 社会保障やコロナ対策


国の2022年度の予算に向けた各省庁の概算要求が31日に提出期限を迎え、総額は、過去最大の110兆円規模になる見通し。

各省庁の2022年度予算のうち、最も要求額が多いのは厚生労働省で、年金や医療、介護などの社会保障費が膨らみ続け、過去最大の33兆9,450億円となっている。

新型コロナウイルス関連では、医療提供体制の確保などに85億円を要求するが、今後の感染状況を見ながら具体的な金額を検討する。

財務省が計上する、国債の償還や利払いに使う国債費も、過去最大の30兆円規模になっている。

これらの結果、2022年度の概算要求は110兆円を超え、4年連続で過去最大になるとみられる。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース