女子高生遺棄で20代夫婦逮捕 女子高生とSNSで接点か 夫婦の評判「あいさつしてこない」


3日前から行方不明になっていた東京・墨田区の高校3年生・鷲野花夏さん(18)の遺体が、31日未明、山梨県内で見つかった。

警視庁は、死体遺棄の疑いで、群馬・渋川市に住む小森章平容疑者(27)とその妻・和美(いずみ)容疑者(28)を逮捕。

2人は、「間違いありません。2人でやりました」などと話し、容疑を認めている。

都内に住む鷲野さんと、群馬県に住む小森容疑者夫婦に、どのような接点があったのか。

鷲野さんは、8月28日の午後3時半ごろ、母親に「友人に会いに行く。すぐ戻る」などと言って、家を出た。

しかし、連絡が取れなくなり、家族が110番通報。

この日、鷲野さんと接触していたとみられるのが、小森容疑者夫婦。

鷲野さんが、自宅近くの駐車場で車に乗り込む様子が防犯カメラに記録されていたことから、警視庁が、この車の行方を捜査。

そして、30日午後7時半ごろ、長野県の中央自動車道辰野パーキングエリアで車を発見した。

車内にいた小森容疑者夫婦に職務質問をしたところ、鷲野さんの遺体を「山梨県で捨てた」と話したという。

鷲野さんの遺体は、31日午前2時ごろ、小森容疑者夫婦の説明通り、山梨・早川町の物置小屋で見つかった。

服装は、行方不明になった時と同じで、遺体には、背中に4カ所の刺し傷と、首に絞められたような痕が残されていた。

小屋には、南京錠がかけられていて、凶器とみられるロープが見つかったが、刃物は見つかっていない。

これまでの調べで、夫の章平容疑者は、鷲野さんとSNSを通じて、連絡を取っていたとみられることが新たに判明。

小森容疑者夫婦は、鷲野さんの殺害についても認める供述をしているという。

遺体となって見つかった18歳の女子高生・鷲野花夏さん。
周囲には、深い悲しみが広がっている。

鷲野さんの家族と50年来のつきあいがあるという近所の人は、つらい胸の内を明かした。

近所の人「あんないいお嬢さんが殺されるなんて、あってはならない。本当に残念」

鷲野さんの人柄については...。

近所の人「優しくて思いやりがあって、相手の気持ちを考えてくれる。小学校や中学校の時から、いつも出会うと必ず、『おはようございます』、『学校行ってきます』と言ってくれて、今どき珍しい礼儀正しい女の子だなと感じていた」

群馬・渋川市の住宅。
逮捕された小森容疑者夫婦が住んでいたとみられる家。

玄関の窓ガラスは、割れ、段ボールと粘着テープで補強されていた。

逮捕された小森容疑者夫婦は、周囲の目にどう映っていたのか。

夫婦の印象などについて、近所の人は「最近引っ越してきた。子どもたちと外で遊んでいても、一切あいさつしてこない」と話す。

夫婦仲については、特に悪く見えたことはないという。

近所の人「仲がいい印象というか、けんかとかはなくて、夫婦仲良く、悪い印象はない」

妻の和美容疑者の仕事については...。

近所の人「奥さんは(コンビニで)『ゆでたまご』という名前で働いていた。なぜ名前が『ゆでたまご』なのかな、何か事情があるのかねと。普通は社会人なんだし、『ゆでたまご』は違うよねって話をして」、「(接客の感じとかは?)すごく印象は悪かった。基本しゃべらないし、おとなしくて少し変わっている人なのかなと」

夫婦関係については...。

近所の人「奥さん側は、前に旦那さんがいて、離婚して今の新しい方(章平容疑者)と結婚して、ここに住んでいるというのは聞いた」

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース