自民党がコロナ対策緊急提言 「外出禁止命令も検討すべき」

政治・外交


自民党は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、個人への外出禁止命令も検討すべきなどとする緊急提言をまとめた。

緊急提言では、感染対策の最低限の実効性を担保するため、事業者への罰則を強化することが盛り込まれている。

また、個人への外出禁止命令などの方策について、法改正を含めた、国民的な議論を進めるべきとしている。

一方、ワクチン接種の進展をふまえた行動制限の緩和については、専門家の検討をふまえたうえで、9月12日の緊急事態宣言の期限までに、その考えを示すべきだとしている。

政府は、提言をふまえ、さらなる感染拡大防止策を検討することにしている。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党