送迎バス園児死亡 保育園に改善勧告 福岡


福岡で送迎バスに取り残された5歳の男の子が死亡した事故で、保育園に改善勧告。

福岡・中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)が、7月29日、およそ9時間にわたり、送迎バスの中に取り残され、熱中症で死亡した事故で、福岡県は31日午後、中間市と合同で、園に対して「改善勧告」を出した。

勧告では、園長や職員の責任を明確にし、厳正な対処を行うことなどを求めた。

保育園側は、「勧告を厳粛に受け止め、再発防止、信頼回復に向けて適切に対処する」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース