3人でトラブル話し合い? 容疑者夫婦宅に丸1日滞在か 女子高生死体遺棄


女子高生の死体遺棄の容疑で夫婦が逮捕された事件で、女子高生が事件前、夫婦の自宅に1日滞在し、3人でトラブルについて話し合っていた可能性があることがわかった。

死体遺棄の疑いで逮捕された小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)は、高校3年の鷲野花夏さん(18)を呼び出し、8月28日に、小森容疑者夫婦の群馬県の自宅に車で向かい、3人は、翌日まで一緒に自宅にいたことが新たにわかった。

防犯カメラには、3人が自宅に到着し、丸1日たったあとに、鷲野さんを乗せた車が、再び小森容疑者らの自宅を出る様子が映っていた。

小森容疑者は、「妻に嫉妬され、話し合うために、鷲野さんを呼び出した」などと供述していて、警視庁は、話し合いのあと、犯行に及んだとみて調べている。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース