菅首相、9月中旬の解散も検討 来週にも二階氏交代の党人事


菅首相は、来週にも自民党の役員人事と内閣改造を行うことを検討している。

さらに、菅首相が人事を行ったあと、9月中旬にも衆議院の解散を行う案も含めて、対応を検討していることがわかった。

自民党の総裁選挙は、9月17日告示、29日投開票の予定だが、菅首相は、総裁選に先立ち、来週にも自民党の役員人事を行って二階幹事長を交代させる方向で、あわせて内閣改造を行うことも検討している。

複数の自民党関係者によると、菅首相は、一連の人事を行ったあと、9月中旬にも衆議院の解散を行う案も含めて、対応を検討しているという。

衆議院選挙の日程は、10月5日公示、17日投開票とする案が検討されている。

ただ、新型コロナウイルスの感染状況や、人事に対する世論や党内の反応を慎重に見極めたうえで、最終判断する見通し。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース