「車で走行中に小屋見つけた」女子高生遺棄で逮捕の夫婦 前日に3人自宅で過ごし…場当たり的犯行か


東京都内の女子高生の遺体を、山梨県の山中の小屋に遺棄した疑いで逮捕された夫婦が、「車で走っている最中に小屋を見つけた」と供述していることがわかった。

群馬県に住む小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)は、8月30日、高校3年の鷲野花夏さん(18)の遺体を、山梨県の山中にある物置小屋に遺棄した疑いが持たれている。

その後の調べで、2人が「車で走っている最中に小屋を見つけた」と供述していることがわかった。

2人は事件の前日、鷲野さんと群馬県内の自宅で1日過ごしたあと、車で長野県に行くなどしてから山梨県の山中に向かったとみられ、殺害についても認める供述をしている。

警視庁は、場当たり的に犯行に及んだとみて調べている。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース