44人死亡の歌舞伎町ビル火災から20年 「床に顔をつけ空気吸う人も」消防隊員が語る当時の現場


東京・歌舞伎町のビルで44人が死亡した火災から、9月1日で20年。

消火活動にあたった隊員が、当時の悲惨な状況を語った。

2001年9月1日未明、歌舞伎町の雑居ビルで火災が起き、ビルの中にいた44人が死亡した。

出火の原因はまだわかっておらず、警視庁は、放火と失火の両面で調べている。

菊池眞紀夫消防司令長「床に倒れている人もいた。煙を吸いたくないんでしょうね、床に顔を、口をつけて、少しでも新鮮な空気を吸う」

出火場所の3階の踊り場や階段にはゴミ袋などが置かれ、さらに上から看板がつるされていたことから、避難や救助を妨げたうえ、防火扉も閉まらず、大惨事につながったと考えられている。

新宿消防署は立ち入り検査などを行い、防火対策の徹底を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース