白金高輪硫酸事件 被害男性に手紙「一生後悔しますよ」届く前にLINEで“泊まりに行っても”と連絡


東京の地下鉄の駅で男が男性に硫酸をかけた事件で、男性に「一生後悔しますよ」と書かれた手紙が届いていたことがわかった。

花森弘卓容疑者(25)は、8月24日、東京・港区の白金高輪駅で大学後輩の男性(22)に硫酸をかけ重傷を負わせた疑いで、逃走先の沖縄で逮捕された。

その後の調べで、男性が「去年9月に『一生後悔しますよ』などと書かれた手紙が自宅に届いた」と話していることがわかった。

男性はこの前に、花森容疑者から「家に泊まりに行っていいか」とLINEで聞かれ断った際に、「社会人としてちゃんとした方が良い」と注意されたということで、警視庁が関連を調べている。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース