【速報】日本医師会「長期戦を覚悟」 12日での“宣言”解除に慎重

社会


日本医師会の中川会長は会見で、新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向だが、一気に改善するとは考えにくく、長期戦を覚悟しなければならないと述べた。

日本医師会・中川俊男会長「緊急事態宣言とまん延防止等重点措置は9月12日までだが、それまでに、感染状況や医療提供体制の逼迫(ひっぱく)が一気に改善するとは考えにくく、引き続き長期戦を覚悟しなければならないと考えます」

また中川会長は、自宅療養や入院待機の患者が増加しているため、全国の医師会にさらなる入院受け入れの検討や、自宅療養者の健康観察や往診などの対応をお願いしていると述べた。

(FNNプライムオンライン9月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース