菅首相「解散できる状況ではない」 総裁選先送りも考えず


菅首相は、9月中にも衆議院を解散するとの観測が広がったことについて、「解散できる状況ではない」と明確に否定した。

菅首相「(今月中の衆院解散の可能性は?)最優先は新型コロナ対策だと。今のような厳しい状況では、解散ができる状況ではないと考えております」

菅首相は、さらに「総裁選の先送りも考えていない」と明言し、月内に衆議院を解散し総裁選を先送りするとの一部観測も否定した。

また、二階幹事長の交代を含む党役員人事については、3日にも党内の一任を取り付け、週明けに一部の閣僚人事とともに踏み切る方向で調整に入った。

一方、総裁選をめぐり、自民党の若手議員らが国会内で会合を開き、派閥に縛られずに投票できる選挙にすることを確認するとともに、党役員人事を行う必要性を菅首相が説明すべきだとの声があがった。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース