J-オイルミルズと昭和産業も家庭用油値上げ 原料高騰などが影響

経済・ビジネス


J-オイルミルズと昭和産業は、家庭用食用油を値上げすると発表した。

値上げは、2021年4回目となる。

J-オイルミルズは、キャノーラ油やサラダ油など15品目を、昭和産業は9品目を、いずれも11月1日納品分から、1kgあたり30円以上値上げすると発表した。

値上げは2021年4回目で、大豆や菜種などの原料価格が高止まりしていることに加え、海上運賃が大幅に上昇しているという。

日清オイリオグループも、11月からの値上げをすでに発表している。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース