“女子高生遺棄”逮捕の夫 「ことし7月に初めて会った」


女子高生の死体遺棄容疑で夫婦が逮捕された事件で、夫が「2021年7月に女子高生に初めて会った」と話している事がわった。

群馬県の小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)は8月30日、女子高生(18)の遺体を山梨県内の物置に遺棄した疑いが持たれている。

章平容疑者は女子高生とツイッターで知り合ったとみられているが、その後の調べに、「女子高生と会ったのはこれまでに1回で、2021年7月に妻が友人と会っている間に初めて会った」と話していることがわかった。

一方、和美容疑者は「2020年、4月か5月に女子高生とツイッターで繋がりを持った」と供述していて、夫が女子高生に連絡を取っていたことに気づき妻も連絡をとっていたとみられている。

警視庁は妻の嫉妬が事件につながったとみて調べている。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース