人工妊娠中絶 ほぼ全面禁止に 米・テキサス州で施行 反発も

国際・海外


アメリカ・テキサス州で、人工妊娠中絶をほぼ全面的に禁止する法律が施行された。

女性の権利を侵害するとして、反発の声もあがっている。

テキサス州で施行された法律は、胎児の心拍が確認できる妊娠6週目ごろ以降の人工妊娠中絶を全面的に禁止するもの。

性的暴行などによる妊娠の場合でも中絶が認められないことなどから、全米で最も厳しい水準の規制といわれている。

女性の権利を侵害するなどとして反発の声があがっていて、バイデン大統領も「半世紀近くにわたって支持されてきた権利をあからさまに侵害するものだ」と法律を批判し、中絶の憲法上の権利を守るために闘う考えを示した。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース