デパ地下持ち帰り新サービス まとめて注文 ロッカー受け取り


デパ地下グルメも、スマホ注文の時代。

2日にスタートしたのは、受け取りを宅配か、専用ロッカーか選べる新サービス。

自分へのごほうびスイーツ、マドレーヌや、ちょっと変わったアラビア料理まで。

東京・渋谷の東急百貨店が、2日から、デパ地下グルメの新たな注文方法として、独自のスマホアプリの導入を始めた。

東急百貨店事業開発部・下山拓郎マネジャー「去年のフードデリバリーの取り組みで、おまとめ買いのニーズが高かったことから、今回、自社アプリの開発に踏み切った」

アプリでは、宅配かロッカーか、受け取り方法を指定し、欲しい商品を選ぶ。

百貨店のスタッフは、それぞれの店舗を歩いて回り、商品をピックアップし、宅配なら配送スタッフにバトンタッチ。

今回スタートする3カ所のデパ地下から、半径3km圏内が配達エリア。

さらに、専用アプリから事前に商品を注文しておくことで、ロッカーで簡単に商品を受け取ることができる。

東急百貨店によると、宅配・ロッカーの受け取りサービスを選べる自社アプリは、百貨店で初めてだという。

東急百貨店事業開発部・下山マネジャー「複数のショップをまたがっていても、1回分の利用料金でご注文いただけます。テイクアウト、デリバリーとも接触の減少につながることになる。感染症の防止にもつながると考えている」

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース