おいしさ閉じ込める“冷凍パン” -30℃ 凍らせ90日保存可能


ホカホカの焼きたてがおいしいパンなのに、-30度で冷凍。

パンの新たな販売方法。

1日、神奈川・横浜市内にオープンしたのは、その名も「時をとめるベーカリー」。

“時をとめる”とは。

店内にあるのは全部、冷凍パン。
東京、神奈川を中心に、およそ50のベーカリーから、およそ500種類ものパンを買い取り、冷凍。
時を止めて、販売している。

パンといえば、焼きたてアツアツがおいしい。
それなのになぜ、冷凍パンなのだろうか。

時をとめるベーカリー・ハットコネクト 中島慶社長「パン業界はフードロスの多い業界。職人が一生懸命作ったパンが廃棄されるのは悲しいこと。賞味期限を長く取れる冷凍パンは魅力的だと感じた」

パンは、冷凍すると保存がきく一方で、解凍すると水分が失われ、おいしさが落ちるイメージが。

しかし、この冷凍パンは、袋から取り出して電子レンジで数十秒温めるだけで、外はパリパリ中は、モッチモチに。

総菜パンから菓子パンまで、さまざまなパンをおいしく食べることができる。

そのおいしさの秘密は、冷凍方法。

初めに、厚手の袋にパンを詰め替え、専用の機械で真空にならない程度に空気を抜く。

そして、超低温の特殊な液体に30分程度、入れておく。
こうすることで、中心部まで急速冷凍が可能に。

冷凍庫で保存しておけば、なんと、およそ90日間もおいしく食べられる。

オープン初日の1日、開店を楽しみにしていたというお客さんが次々と来店。

30代「日持ちするのがありがたい。子どももいるので、好きな時に解凍できたらいいなって」

40代「コロナ禍なので、出かけて、どこかおいしいパン屋に行くこともできないので、ここでパンが選べるのはすごくいい」

想像以上の歓迎ムードに、中島社長は「びっくりした。これだけ期待されていたのだなと。ドキドキしたけどうれしい気持ちでいっぱい」と話した。

おいしい時に、時を戻して食べられる、環境にも人間にも優しい冷凍パン。

パン業界に新しい風が吹くとみられる。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース