【速報】「急激な人出の増加」で危機感 東京「再び感染増を危惧」


東京都の新型コロナウイルスの専門家会議で、お盆明けの急激な人出の増加で、新規感染者が「再び増加に転じることが危惧される」と、強い危機感が示された。

都のモニタリング会議では、新規感染者の7日間の平均が、4,388人から3,290人に減った一方で、お盆明けから、人出が急激に増加しており、新規感染者数が再び増加することへの強い危機感が示された。

中でも、夜間の繁華街の人出は、お盆明け2週間で16.7%増加し、特に深夜22時から24時の増加が目立つという。

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース