「クレイジーよ!」ニューヨーク地下鉄を襲った「濁流」 帰宅困難者も…現地で見たハリケーン被害

国際・海外

アメリカ・ニューヨークの地下鉄で信じられない光景が撮影された。大量の水が濁流となって地下鉄のホームに流れ込んできたのだ。


大型ハリケーン「アイダ」が上陸した影響により、ニューヨークでは豪雨に見舞われ、街の至るところで冠水などの被害が出た。


駅の利用者:
157丁目駅にいます。ここで立ち往生して出られない、まじでありえない!


地下鉄の階段は冠水。改札も水浸しになっている。

駅の利用者:
ここは地下鉄の駅。クレイジーよ!

駅の天井にはたまった雨水の重さのせいか、大きな穴が開き、雨漏りで床はビショビショに。


この豪雨はニューヨーカーの帰宅の足を直撃した。

ニューヨーカーもなす術なく…帰宅困難者も

ニューヨーク支局・中川真理子記者:
ニューヨークの地下鉄ほとんどが止まっている状態だということです。駅のホームを見てみますとみなさん待ちくたびれて座り込んでしまっている人もいます。


なす術なくホームに座り込む人々。現地時間午後10時ごろから止まった地下鉄は、翌日の午前3時半現在も大部分が運行していない。


ニューヨーク市民:
今はホテルを予約しようとしている。タクシーでも帰れないんだ。住んでいるところも冠水している。

ニューヨークでは地下鉄の停止に加え、朝5時まで緊急車両以外の車の走行も禁止となるなど、帰宅困難者が続出。現地メディアはこの豪雨で、複数の死者が出ていると報じている。


(「イット!」9月2日放送より)

(FNNプライムオンライン9月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース