NYハリケーン豪雨 非常事態を宣言 NYと隣州で10人死亡

国際・海外


アメリカ北東部を襲った記録的豪雨により、これまでに少なくとも10人が死亡した。

ハリケーン「アイダ」の影響で、ニューヨーク市は、1日夜から2日未明にかけて、豪雨に襲われ、地下鉄には大量の雨水が流れ込んだほか、道路が冠水するなどの被害が相次いでいる。

一夜明けた2日朝も、多くの路線が運休していて、混乱が続いている。

ニューヨーク市警は、これまでに少なくとも8人の死亡を確認したと発表した。

また、隣接するペンシルベニア州やニュージャージー州などでも被害が確認され、ニューヨーク市とあわせて少なくとも10人が死亡している。

ニューヨーク州などは非常事態を出して、被害の確認を急ぐとともに、復旧活動を続けている。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース