タリバンきょうにも新政権樹立 焦点は女性の人権 反タリバン勢力と戦闘続く

国際・海外


アフガニスタンで実権を掌握した武装勢力タリバンは、3日にも新政権の樹立を発表するとみられ、その統治体制や女性の権利が焦点。

タリバンは、3日にも新政権の樹立を発表するとみられ、幹部の1人は、SNS上で、首都カブールの大統領宮殿で、式典の準備を進めていることを明らかにした。

新政権は、タリバンの最高指導者・アクンザダ師をトップとし、その下に大統領が置かれる見通し。

女性の人権状況が懸念される中、融和的な姿勢を示すタリバンが、女性を要職で起用するのか、また、ほかの勢力と連携するのかが焦点。

一方、北東部のパンジシール州では、タリバンに反発する勢力との間で戦闘が続いていて、多数の死傷者が出ている。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース