アフガン退避支援の自衛隊機が帰国 邦人1人とアフガン人14人を隣国に退避


アフガニスタンに派遣されていた自衛隊の輸送機1機が、任務を終え、埼玉県の入間基地に戻った。

自衛隊のC-2輸送機は、3日午前9時すぎ、隊員およそ80人を乗せ、埼玉県の入間基地に到着した。

自衛隊の輸送機は、日本人らの退避のため、8月23日以降、あわせて4機派遣され、日本人1人とアフガニスタン人14人を隣国パキスタンに退避させた。

残る2機の輸送機も近く、日本へ戻る予定で、政府は、引き続き、現地に残る日本大使館のアフガニスタン人職員など、およそ500人の退避に向けた支援を続けることにしている。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース