「スタジオに嵐が吹いた」 キャスターの飼い犬が放送中に乱入 カナダ・トロント

国際・海外


天気予報を放送中に「嵐」が巻き起こった。

カナダ・トロントのテレビ番組で天気予報を放送中、男性キャスターの足元に、茶色い犬の姿が映り込んだ。

実はこの犬、男性キャスターの飼い犬で、スタジオに連れてきたところ、放送中に乱入してしまったという。

犬の名前が「ストーム」だったことで、「スタジオに嵐が吹いた」などと、カナダやアメリカのメディアが取り上げ、ストームは一躍人気者になった。

視聴者から、「ストームは放送中、一度もほえなかった。プロフェッショナルとしての自覚がある」などと、称賛の声が上がっている。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース