「関西スーパー」争奪戦へ 「オーケー」も“買収目指す” エイチ・ツー・オーは子会社化方針


首都圏を拠点とするスーパー「オーケー」が、大阪や兵庫で展開する「関西スーパーマーケット」の買収を目指すと発表した。

関西スーパーをめぐっては、阪急阪神百貨店の運営会社が子会社化する方針を決めていて、争奪戦に発展することになった。

オーケーによると、2021年6月、株式の7%余りを保有する関西スーパーマーケットに対して、TOB(株式の公開買い付け)を提案していたという。

しかし、8月31日、阪急阪神百貨店などを展開するエイチ・ツー・オー リテイリングが子会社化すると発表している。

オーケーは、自社による提案が十分検討されていないとして反対の立場を示し、10月に予定されている関西スーパーの株主総会で、株主の判断を仰ぎたい考え。

今回の争奪戦の行方は、エリアを越えて統合や連携を目指す動きが広がる、スーパー業界の再編のカギを握ることになるとみられる。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース