菅首相「退陣」を電撃表明 「コロナ対策と選挙活動 両立できない」 総裁選後に辞任へ


菅首相は3日、自民党の臨時役員会で、9月に行われる自民党総裁選挙に立候補しない意向を表明した。

これにより、総裁選後に首相を辞任する方向。

その理由について、菅首相は...。

菅義偉首相「先ほど開かれた自民党役員会において、私自身、新型コロナ対策に専念したい、その思いの中で、自民党総裁選挙には出馬しない、こうしたことを申し上げました。コロナ対策と選挙活動、両立はできない。どちらか選択すべき。新型コロナウイルス感染拡大を防止するために、私は専念したい、そういう判断をした」

二階幹事長は、菅首相の決断について...。

二階幹事長「正直びっくりしている。総裁の発言だから考えて考えた末、決断したと思う」

河野規制改革相は、オンライン会見で、菅首相の意向を伝えられると、「ちょっと、あの...。(菅首相)本人に確認したいと思う」と、戸惑いを隠せない様子だった。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース