河野氏“出馬意向” 石破氏“白紙” 菅首相の不出馬で構図一転


自民党の総裁選挙をめぐる最新情勢について、党本部前から、フジテレビ政治部・瀬島隆太郎記者が中継でお伝えする。

菅首相の不出馬で、総裁選の構図が一気に変わったことから、若手や中堅議員を中心とした「反菅票」の受け皿が流動化しており、各派閥の動きも激しくなっている。

河野規制改革担当相は早速、派閥トップの麻生副総理と会談した。

関係者によると、河野氏は、出馬する意向を固めたという。

一方、石破元幹事長の動向にも注目が集まっている。

菅首相の周辺からは、「岸田氏以外だ。勝てる候補は石破氏で、衆院選も乗り切れる」と、早くも石破氏支持に向けた声が出ている。

また、菅首相支持を表明していたある二階派の幹部は、「勝てる候補を見極める」と述べており、二階派が、石破氏や野田幹事長代行を推すのではないかとの見方も出ている。

岸田氏は、菅首相への対立軸として党改革を打ち出し、勢いを得ていたが、戦略の練り直しを迫られた形。

さらに、高市前総務相が3日、「出馬の意思は変わらない」と強調したほか、茂木外相の動向も注目され、候補者が乱立する混戦も予想される。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース