東京・足立区の病院職員 50代男性が新型コロナワクチンを4回接種


病院職員の50代の男性が、新型コロナウイルスワクチンを4回接種していたことがわかった。

東京・足立区によると、病院職員の男性は、勤務先の医療機関で、4月と5月にあわせて2回ワクチンを接種したが、その後、一般区民の接種券で、8月中にさらに2回受けた。

区による記録の点検で4回の接種が判明し、男性は「医療従事者として接種したことを失念してしまった」と話していて、現段階で健康への影響はないという。
 

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース