「ビックカメラ」に再発防止命令 202品目原産国偽り


ビックカメラなどに対し、原産国に偽りがあったとして再発防止などを命じた。

消費者庁によると、「ビックカメラ」と子会社の「ビック酒販」で、およそ3年半にわたり、202品目について、実際とは異なる原産国などをウェブサイトで掲載していたという。

くつの脱臭剤では、ウェブサイトで原産国「日本」と記載していたものが、実際には中国産だったり、リキュールでは、「フランス」と書かれていたものが、スペイン産だったりしていた。

ビックカメラは、「真摯(しんし)に受け止めて適切に対応して参ります」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン9月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース