「北方領土へ進出したら10年間免税」 プーチン大統領が企業誘致策

国際・海外


ロシアのプーチン大統領は、「北方領土を最も競争力のある地域にする」と述べた。

プーチン大統領「海外投資をうながすため、競争力のある環境をつくる必要がある」

ロシアが北方領土に導入する予定の免税特別区に関して、プーチン大統領は3日、東方経済フォーラムの全体会合で、活動する企業に対し、「10年間、主な税を免除する」と述べた。

日本をはじめ、外国の企業からの投資を北方領土に積極的に誘致したい考え。

プーチン大統領自ら海外資本の誘致を明言したことで、今後、日本との共同経済活動の協議や領土交渉に大きく影響する可能性がある。

また、プーチン大統領は、日本との平和条約交渉を引き続き進めたい意向も強調している。

(FNNプライムオンライン9月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース