アフガン 内戦が激化 銃撃戦で多数の死傷者か

国際・海外


アフガニスタンでは、戦闘が激化している。

反タリバン勢力の拠点となっている北東部・パンジシール州で行われた、反タリバン勢力とタリバンとの銃撃戦の模様。

タリバンによる攻勢が強まるにつれ、衝突が激化し、多数の死傷者が出るなど、内戦状態が続いている。

ロイター通信は3日夜、タリバン関係筋の話として、パンジシール州が制圧されたと報じたが、反タリバン勢力は、「ニュースはうそ」と否定している。

タリバンは、新たな政権の樹立に向けて最終調整を進めているが、欧米諸国は、女性の権利を尊重するかなどを見極めたうえで、新政権の承認を判断する考えを示している。

(FNNプライムオンライン9月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース