英海軍最新空母クイーン・エリザベス 横須賀基地に入港

国際・海外


イギリス海軍の最新・最大の空母クイーン・エリザベスが4日、神奈川県の横須賀基地に入港した。

フジテレビ・能勢伸之解説委員「二つの艦橋、そして反り返った甲板。これはイギリスの空母クイーン・エリザベスです。横須賀基地に入港しています」

イギリス海軍の空母として、24年ぶりに日本に到着したクイーン・エリザベスには、イギリス空軍とアメリカ海兵隊のF-35Bステルス戦闘機が、あわせて18機搭載されている。

今回の寄港について、ロングボトム・イギリス大使は、安全保障などイギリスと日本のパートナーシップを新たなレベルに引き上げるものだと意義を強調した。

海洋進出を強める中国をけん制する狙いもあるとみられる。

(FNNプライムオンライン9月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース