北海道胆振東部地震から3年 土砂災害など44人犠牲


最大震度7の揺れを観測し、44人が犠牲となった胆振東部地震から、6日で3年。

37人が亡くなった北海道・厚真町では、発生時刻に合わせ、追悼する人の姿があった。

地震発生時刻の午前3時7分に手を合わせた、厚真町の農業、伊部義之さん(53)。
地震で仲間を失った。

伊部さん「すごく長かった。せっかく助かった命、自分なりのかたちで恩返ししたい」

大規模な土砂崩れが起きた厚真町の吉野地区では、土砂が一瞬にして住宅や水田をのみ込み、多くの犠牲者を出した。

同級生を亡くした人「(3年たっても思いは)変わらないです。亡くなった人たちは帰ってきません。残っている人間が頑張って生きていく」

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース