河村市長 リモートで公務 「発熱などの症状はない」


新型コロナウイルスに感染した、愛知・名古屋市の河村たかし市長が、リモートで幹部会に参加し、陳謝した。

河村市長「わたしがコロナの陽性者になったことで、皆さんにはご迷惑というか、ご心配をおかけしておりまして、誠に申し訳ありません」

リモートで開かれた幹部会に自宅から出席した河村市長は、幹部職員らに対し、心配をかけていると陳謝したうえで、発熱などの症状がないことなどを報告した。

そのうえで、「デルタ株の猛威は衰えを見せていない」として、引き続き、感染予防の徹底に努めるよう指示した。

河村市長は、9月10日までは自宅療養を続けることになっていて、それまでの間は、リモートで公務にあたるとしている。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース