医師ら7人 3回目接種 打つ人が見つからなかった


8月16日、広島市安佐南区の診療所・西原セントラルクリニックで、新型コロナウイルスの予防接種でキャンセルがあり、7人分のワクチンが余ったため、そのワクチンで院長と医療法人の理事長、看護師のあわせて7人に、3回目の接種をしたことがわかった。

国の手引きには、ワクチン接種は「一定の間隔を空けて2回の接種を行うこと」と記されている。

クリニックは取材に対し、「予防接種を打つ人を探したが見つからなかった。ルールを逸脱して申し訳ない」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース