タリバンが「アフガニスタン全土制圧」を宣言

国際・海外

アフガニスタン全土を制圧したとタリバンが宣言した。

タリバンの報道官は、日本時間の9月6日午後4時頃に行った会見で、これまで唯一支配できていなかった反タリバン勢力の拠点・北東部パンジシール州を制圧したと宣言した。

事実であれば、タリバンがアフガニスタン全土を制圧したことになるが、反タリバン勢力側は制圧を否定した。報道官はまた、反タリバン勢力の中心メンバーで前の政権の第一副大統領だったサレー氏は、隣国タジキスタンに脱出したと説明。

新政権の樹立については「技術的な問題が残っている」と述べて近く発表する方針を示し、「タリバン内での意見の相違により樹立が遅れている」との一部報道を否定した。

(FNNプライムオンライン9月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース